荒川区の子育て支援情報はこちら
東京女子医科大学東医療センター

エビデンスに基づいた安心、安全な妊娠生活、生涯をサポートします
(エビデンス:臨床研究などの科学データにに基づく医療)
住 所 〒116-8567 東京都荒川区西尾久2-1-10
TEL 03-3810-1111 FAX 03-3894-0282
URL http://www.twmu.ac.jp/DNH/index.html
交通アクセス 1.タクシー利用の場合:
・JR「田端駅」北口より約5分
・JR「王子駅」より約10分
・JR「西日暮里駅」より約10分
・営団地下鉄(千代田線)・京成電鉄「町屋駅」より約5分
・JR「尾久駅」より約5分

2.都電利用の場合:
・JR「王子駅」下車、三ノ輪方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分
・営団地下鉄(千代田線)・京成電鉄「町屋駅」下車、早稲田方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分

3. 都バス利用の場合:
・JR「田端駅」北口下車、荒川土手行「西尾久2丁目」下車、徒歩約5分
・JR「田端駅」北口下車、北千住行「熊ノ前」下車、徒歩約5分
・JR「西日暮里駅」下車、足立流通センター行「熊野前」下車、徒歩約5分
診察日・時間 月・火・水・木・金・土(第3土曜は除く)
一般外来9:00〜11:00、 特殊外来13:30〜16:30
院長 井上 和彦
産科医長 高木 耕一郎
※掲載情報はすべて2007年10月時点のものです。変更されている可能性もあるので、詳しくは産院に直接お問い合わせください。
医療体制
病院の種類 大学病院
周産期に関する診療科目 産婦人科、 麻酔科、 小児科、 新生児科
高度周産期医療 NICU(新生児集中治療室)、 GCU(新生児後方病室) *総合周産期母子医療センター
産婦人科小児科領域の専門外来 小児科外来、 不妊外来、 母乳外来、 超音波外来
医師・スタッフ構成 産婦人科医9人、小児科医5人(NICU)、(常勤)麻酔医8人、(非常勤)麻酔医8人、夜間当直医2人、助産師23人、看護師8人
担当医について 健診から分娩まで、複数の医師が担当する
提携病院 なし
産科オープンシステム なし
ページの先頭へ
設備・施設
 
産科病床数 約40床(総ベット数59床)
医療施設 分娩室、陣痛室
妊産婦用設備 4D超音波、分娩監視装置、セントラルモニタリングシステム
新生児用設備 新生児搬送用保育器、保育器、呼吸監視モニター、その他新生児用モニター、黄疸の光線治療器
その他の設備 ショップ
駐車場 75台
ページの先頭へ
分娩データ
 
年間分娩件数 660件(平成18年データ)
産科手術 流産手術、子宮頸管縫縮術、卵巣嚢腫切除術、選択的帝王切開、緊急帝王切開
分娩法 自然分娩63%、硬膜外麻酔による無痛分娩2%、陣痛誘発剤による計画分娩5%、選択的帝王切開30%、緊急帝王切開12%(母体搬送、ハイリスクが多いため)
帝王切開後の経膣分娩 実施していない
分娩スタイル 分娩台(仰臥位)
分娩時の処置 実施/血管確保、分娩監視装置の装着、卵膜剥離、子宮頸管熟化剤、ラミナリア使用、吸引分娩、鉗子分娩
状況に応じて実施/導尿、会陰切開、バルーン、人工破水、陣痛誘発、陣痛促進
実施しない/浣腸、剃毛
分娩入院費用(正常時) 45万〜  4泊5日
ページの先頭へ
立ち会い出産
 
立ち会い出産
立ち会える人
立ち会いの条件 両親(父親)学級の参加必須、帝王切開手術中は不可
ページの先頭へ
分娩の受け入れ
 
分娩予約 特に決めまっていないが、早めに
分娩予約保証金 なし
里帰り出産 受け入れ可。妊娠34週くらい
ページの先頭へ
リスク妊婦の受け入れについて
 
分娩の受け入れ制限 なし
【年齢】 ○低年齢出産(10代)、 ○高齢出産(35歳以上)、 ○超高齢出産(40歳以上)
【体型】 ○体重80kg以上、 ○身長150cm以下、 ○BMI25.0以上、 ○BMI18.5以下
【婦人科系の疾患】 ○子宮筋腫、 ○子宮奇形、 ○子宮頸部円錐切除手術、○その他子宮手術の経験
【妊娠の経過】 ○体外受精による妊娠、 ○長時間の不妊治療後の妊娠、 ○二卵性双胎、
○一卵性双胎(二絨毛膜二羊膜)、○一卵性双胎(一絨毛膜二羊膜)、 △一卵性双胎(一絨毛膜一羊膜)、 ×多胎(三つ子以上) ×VBAC希望
【前回の妊娠時のトラブル】 ○前回が帝王切開、 ○子宮頚管無力症、 ○妊娠高血圧症候群、 ○妊娠糖尿病、 ○常位胎盤早期剥離
【持病・基礎疾患】 ○血液型Rh(−)、 ○ぜんそく、 ○てんかん、 △精神疾患(パニック障害、うつ病等)、 ○腎炎、 ○肝炎、 ○糖尿病、 ○甲状腺疾患、 ○心臓病、 ○高血圧、 ○全身性エリテマトーデス

○…受け入れ可 △…ケースバイケース ×…受け入れ不可 *…無回答
ページの先頭へ
妊婦健診について
 
妊婦健診の回数 初期は4週間に1回、中期は2週に1回、後期は1週間に1回
※妊娠20週、30週、60週にスクリーニングエコー(超音波)検査を実施。問題があればハイリスクエコー外来へ。
健診の予約方法 健診時に次回の予約をする
超音波検査の頻度  
超音波画像の提供 超音波写真(無料)
その他の出生前診断 クアトロテスト、羊水検査
※クアトロテストはあくまでも“確率”であり、“ケンサ”ではありません。1/1000を多いととられる方、少ないととられる方と、とらえ方はそれぞれですので、あまりおすすめしません。あくまで“参考まで”。
性別の判断 性別の告知はしない方針
ページの先頭へ
取り入れている療法やプログラム
 
漢方 なし
鍼灸 なし
整体 なし
骨盤ケア なし
ハーブ なし
アロマテラピー なし
ホメオパシー なし
フラワーレメディー なし
カウンセリング相談 なし
ページの先頭へ
入院
 
部屋のタイプ 個室、3人部屋、6人部屋
食事 部屋食
面会時間 14:00〜20:00
入院時に提供しているもの 清浄綿、産褥用ナプキン、産後ショーツ、ウエストニッパー
美容などに関するサービス なし
メモリアルサービス 足形
ページの先頭へ
母乳育児支援
 
妊娠中 なし
出産直後 カンガルーケア
母子同室 分娩直後から母子同室可
入院中 母乳マッサージ、 授乳指導
退院後 母乳外来
ページの先頭へ
妊娠〜産後の学びの場や母子サポート
 
<妊娠中>
母親学級 4回 妊娠20週の間に2回、妊娠30週の間に2回
両親学級 2回 妊娠24週以降
各種教室・イベント  
<入院中>
指導・実習 産後の母体ケアの指導、心のケア・相談、沐浴見学、沐浴実習、おむつ替え指導、着替え指導
<産後>
各種教室・イベント  
育児クラス  
その他 電話相談
ページの先頭へ
産後の健診・治療
 
母親の健診・治療 なし
新生児の健診 小児科医による出生後24時間以内の診察、入院中の新生児の診察、聴覚スクリーニング
乳幼児の健診 1ヵ月健診
ページの先頭へ
妊婦へのメッセージ
 
“エビデンス”に基づいた周産期医療を行っています。安全で安心できる妊娠生活、分娩を提供します。
ページの先頭へ

※掲載情報はすべて2007年10月時点のものです。変更されている可能性もあるので、詳しくは産院に直接お問い合わせください。