杉並区の子育て支援情報はこちら
医療法人財団アドベンチスト会 東京衛生病院

こころとからだの癒しのために、キリストの心で一人ひとりに仕えます。
住 所 〒167-8507 東京都杉並区天沼3-17-3
TEL 03-3392-6151 FAX 03-3392-8879
URL http://www.tokyoeisei.com/
交通アクセス JR線 「荻窪駅」 下車、 徒歩5分
診察日・時間 月・火・水・木・金
9:30〜17:00(金のみ〜11:30)
院長 本郷 和彦
産科医長 伊藤 武夫
※掲載情報はすべて2007年10月時点のものです。変更されている可能性もあるので、詳しくは産院に直接お問い合わせください。
医療体制
病院の種類 一般病院(20〜199床)(プロテスタントキリスト教立)
周産期に関する診療科目 産婦人科、 小児科
産婦人科小児科領域の専門外来 小児科外来、 不妊外来、 母乳外来
医師・スタッフ構成 産婦人科医8人、小児科医6人、夜間当直医4人、助産師8人、看護師28人
担当医について 健診から分娩まで、複数の医師が担当する
提携病院 東京女子医大、東京医大、慶応大学病院、武蔵野赤十字、赤十字医療センター など
産科オープンシステム なし
ページの先頭へ
設備・施設
 
産科病床数 44床
医療施設 分娩室、陣痛室、新生児室
妊産婦用設備 2D超音波、カラードップラー超音波、分娩監視装置、セントラルモニタリングシステム
新生児用設備 保育器、呼吸監視モニター、その他新生児用モニター、セントラルモニタリングシステム
その他の設備 カフェ(食堂)、ショップ美容室
駐車場 250台
ページの先頭へ
分娩データ
 
年間分娩件数 1600件(平成18年データ)
産科手術 流産手術、子宮頸管縫縮術、卵巣嚢腫切除術、選択的帝王切開、緊急帝王切開
分娩法 自然分娩10%、硬膜外麻酔による無痛分娩70%、陣痛誘発剤による計画分娩80%、選択的帝王切開10%、緊急帝王切開10%
※麻酔の時、新しい持続注入器に用いることにより、本当に分娩が無痛に近くなり、患者様に喜ばれています。
帝王切開後の経膣分娩 実施していない
分娩スタイル 分娩台(仰臥位)
分娩時の処置 実施/浣腸、剃毛、導尿、血管確保、会陰切開、分娩監視装置の装着、子宮頸管熟化剤、ラミナリア使用、人工破水、陣痛誘発、陣痛促進、吸引分娩
実施しない/卵膜剥離、バルーン、鉗子分娩
分娩入院費用(正常時) 75万〜  5泊6日(2008年2月よりさらに20万アップします)
ページの先頭へ
立ち会い出産
 
立ち会い出産
立ち会える人 夫、両親、きょうだい、1人のみだれでも可
立ち会いの条件 ビデオ撮影不可、帝王切開手術中は不可、陣痛室で指導する
ページの先頭へ
分娩の受け入れ
 
分娩予約 いつでも可
分娩予約保証金 なし
里帰り出産 受け入れ可。妊娠34週までに帰省
ページの先頭へ
リスク妊婦の受け入れについて
 
分娩の受け入れ制限 なし
【年齢】 ○低年齢出産(10代)、 ○高齢出産(35歳以上)、 ○超高齢出産(40歳以上)
【体型】 ○体重80kg以上、 ○身長150cm以下、 ○BMI25.0以上、 ○BMI18.5以下
【婦人科系の疾患】 ○子宮筋腫、 ○子宮奇形、 ○子宮頸部円錐切除手術、○その他子宮手術の経験
【妊娠の経過】 ○体外受精による妊娠、 ○長時間の不妊治療後の妊娠、 ○二卵性双胎、
○一卵性双胎(二絨毛膜二羊膜)、×一卵性双胎(一絨毛膜二羊膜)、 ×一卵性双胎(一絨毛膜一羊膜)、 ×多胎(三つ子以上) ×VBAC希望
【前回の妊娠時のトラブル】 ○前回が帝王切開、 ○子宮頚管無力症、 ○妊娠高血圧症候群、 ○妊娠糖尿病、 ○常位胎盤早期剥離
【持病・基礎疾患】 ○血液型Rh(−)、 ○ぜんそく、 ○てんかん、 △精神疾患(パニック障害、うつ病等)、 ×腎炎、 ×肝炎、 ×糖尿病、 ×甲状腺疾患、 ×心臓病、 ×高血圧、 ×全身性エリテマトーデス

○…受け入れ可 △…ケースバイケース ×…受け入れ不可 *…無回答
ページの先頭へ
妊婦健診について
 
妊婦健診の回数 初期は4週間に1回、中期は2週に1回、後期は1週間に1回
※NST(分娩監視装置)検査を10カ月に全員に行う。NSTを39週以降でも毎週行う。
健診の予約方法 健診時に次回の予約をする
超音波検査の頻度 健診のたびに行う、必要に応じて行う
超音波画像の提供 超音波写真(有料)
その他の出生前診断 トリプルマーカーテスト、羊水検査
性別の判断 妊娠29週頃にわかる
ページの先頭へ
取り入れている療法やプログラム
 
漢方 なし
鍼灸 なし
整体 なし
骨盤ケア なし
ハーブ なし
アロマテラピー なし
カウンセリング相談 なし
ページの先頭へ
入院
 
部屋のタイプ 個室、2人部屋、4人部屋、6人部屋
食事 部屋食、祝い膳、おやつ
面会時間 15:00〜20:00
入院時に提供しているもの パジャマ、タオル、寝具、バスタオル、シャンプー、リンス、石鹸、T字帯、清浄綿、産褥用ナプキン、乳帯、産後ショーツ
美容などに関するサービス なし
メモリアルサービス 足形、 写真撮影
ページの先頭へ
母乳育児支援
 
妊娠中 乳首の手入れ指導、 乳房の手入れ指導
出産直後 なし
母子同室 分娩3日後から母子同室可、 日中は母子同室だが、夜間は新生児室、ただし、母子同室は個室のみ可
入院中 母乳マッサージ、 授乳指導
退院後 母乳外来
ページの先頭へ
妊娠〜産後の学びの場や母子サポート
 
<妊娠中>
母親学級 実施している
両親学級 実施している
各種教室・イベント  
<入院中>
指導・実習 産後の母体ケアの指導、沐浴見学、沐浴実習、おむつ替え指導
<産後>
各種教室・イベント  
育児クラス  
その他 なし
ページの先頭へ
産後の健診・治療
 
母親の健診・治療 産後1ヵ月以内の健診(母体)
新生児の健診 小児科医による出生後24時間以内の診察、入院中の新生児の診察(5回)、生後1ヵ月未満のオリジナル健診
乳幼児の健診 1ヵ月健診、3〜4ヵ月健診、6〜7ヵ月健診
ページの先頭へ
妊婦へのメッセージ
 
体重増加が一番の障害です。体重増加が著しいとお産ができなくなります。体重増加は10kg以内に心がけてください。
ページの先頭へ

※掲載情報はすべて2007年10月時点のものです。変更されている可能性もあるので、詳しくは産院に直接お問い合わせください。